大阪、九州、横浜を拠点に全国で事業展開するプラスチック金型メーカー、株式会社松野金型製作所。先端の設備とIT、そして熟練の技を駆使したモノづくりへの取り組みと、業界の現状をご紹介します。

松野金型の最新情報をお届けします 新技術や独自のモノづくり体制、業界動向、展示会への出展情報など、
登録いただいた方には松野金型の最新の取り組みをどこよりも早くお知らせします。
日本のモノづくりの「今」と「これから」を知るために、ぜひご登録ください。

※スマートフォン、タブレット型携帯通信端末でもご覧いただけます。
※視聴には登録が必要です。「会社概要・業界解説編」「安心・先進編」「金型こだわり編」いずれかの登録で、すべてをご覧いただけます。

皆さまにご満足いただける金型をお届けしている松野金型。安心・先進編では、その秘訣の一端として、以下の取り組みを紹介します。
・流動解析 ・測定 ・試作成形 ・3拠点体制
また、さらなる納期短縮とコスト削減、そしてモノづくりの可能性を広げる取り組みとして、「磨きレスロボット」と「加飾成形」についてご紹介いたします。
これらの取り組みは経済産業省認定の事業でもあり、予断を許さない日本のモノづくりにおいて、大いなる可能性を秘めたチャレンジとして、各分野から注目を集めています。

松野金型の最新情報をお届けします 新技術や独自のモノづくり体制、業界動向、展示会への出展情報など、
登録いただいた方には松野金型の最新の取り組みをどこよりも早くお知らせします。
日本のモノづくりの「今」と「これから」を知るために、ぜひご登録ください。

※スマートフォン、タブレット型携帯通信端末でもご覧いただけます。
※視聴には登録が必要です。「会社概要・業界解説編」「安心・先進編」「金型こだわり編」いずれかの登録で、すべてをご覧いただけます。

精度が15〜50ミクロンである海外製金型に対して、松野金型をはじめとした日本製金型の精度は15ミクロン以下の世界。この差は、成形品の品質や生産数量となって顕著に表れ、金型寿命年数は、数倍にもおよびます。
金型の品質こそがコストダウンのカギを握る。そう提唱している松野金型の技術力をご紹介するのが、「金型こだわり編」です。
バリを発生させず、なおかつ成形品の生産性を向上させる「入れ子構造(金型分割構造)」。
長さ200ミリ、細さ数ミリの200本にもおよぶピンを正確に動かす高度な加工技術。
そして、機械ですら制御できない誤差を見極め、補正していく人間のワザ。
海外の10年先を行く、日本人の高い技術力をご覧ください。

松野金型の最新情報をお届けします 新技術や独自のモノづくり体制、業界動向、展示会への出展情報など、
登録いただいた方には松野金型の最新の取り組みをどこよりも早くお知らせします。
日本のモノづくりの「今」と「これから」を知るために、ぜひご登録ください。

※スマートフォン、タブレット型携帯通信端末でもご覧いただけます。
※視聴には登録が必要です。「会社概要・業界解説編」「安心・先進編」「金型こだわり編」いずれかの登録で、すべてをご覧いただけます。

ホーム | プライバシーポリシー | サイトマップ | お見積り | お問い合わせ